どうしてもうまくいかないときに必要な事

不幸にならない不運を引き寄せない

どうしてもうまくいかないときは、タイミングが合っていないことが多いです。

タイミングがすれ違うことで「この人とはご縁がない」「これは自分にとっては合わないのではないか」と感じてしまうことがあります。

タイミングが合い始めると順調に進む

タイミングが合うときはいろいろなことが予定調和でスムーズに進むことが多いというのもあります。(すべてが良いわけでは無い)

タイミングを意識するときに少し注意したいのは「とんとん拍子だからと良いとは限らない」ことです。

タイミングは良い方にも悪い方にも一致することがあります。

このためタイミングが良い悪いだけでは判断しない方が良いのは、「悪い方にも繋がる」可能性があるからです。

タイミングは気になりますが、「うまくいかない」ということは、望んでいる何かがあるということのはずです。

望む事があるならやれることをやるのが優先

ただし、やれることをやっていても、うまくいかないこともあります。

どうもかみ合わない、うまく繋がっていけないというケースです。

こういう場合、きっかけだけは投げかけておきます。

分かりやすいのが好きな人がいる場合です。

好きな人に「好きだ」とだけは伝えておくということです。

どうにもうまくいかないとき一度離脱

うまくいかないときは、何かが多すぎるか足りないか、あるいは今じゃ無い、もしくは「道が違う」というケースが考えられます。

中途半端なことはしないで、出来る事をやっておくのは「次に行きやすくするため」です。

次に行くといっても目の前の事を諦めるということではありません。

今の自分に何が必要なのかを理解するために、今の自分が望んでいる事が本当に「望んでいる中にあるのか」を確認するために、場所を変え時間を空けるということです。

望んでいる事がうまくいくこともあればうまくいかないこともある

この世は現実の世界なので、なるようにしかならない一面があります。

昔よりは少しでも可能性を高めることが出来るようになっています。

だから諦める必要は無いのだけど、固執しすぎるのもよくないです。

うまくいかないときほどやれることをやりつつ、柔軟に取り組んで行くことです。

この柔軟というのが難しいので、やれることをやったら、その他の必要な事もやりながら周りに目を配ります。

一つしか見えなくなると、その一つですらおろそかになります。

結果的に自分で自分を苦しめていることもあります。

願いが叶うかどうかは分からないけれど占いは可能性を高めてくれる

最終的に願掛けの根本は出来る事はすべてやり、後は神頼み・運頼みです。

出来る事をやらないでも良いようには、この世は出来ていないです。

この仕組みが分かってくると、「願いを叶えるとは現実優先」と理解出来るようになります。

自分が出来る事以外で出来る部分を占いで引き出していきます。

うまくいかないときに何をすれば可能性を高めてくれるのか?

やることをやっている人ならば占いが役立ってくれます。

やることをやりたいけれどどうしたら良いか分からない場合も占いが役立ってくれます。