やりたいことをやるのは間違っているの?人生を幸せに感じるとき・不幸に感じるときの違い

やりたいことをやるのは幸せを感じる第一歩です。

でも、やりたいようにやるのは幸せに繋がるとは限りません。

似たような言葉ですが、意味は違う方向を示しています。

やりたいことをやるというのは、「やりたい」ということを理解している点で幸せです。

10年前、20年前と違って「やりたい」を感じやすい時代になってきました。

少し前は「やりたいことが見つからない」というストレスも大きく、やりたいことを見つけにくいのは今でも同じですが、「それならそれでも良い」という風潮も出てきていて、少し気楽です。

いずれにせよ、「やりたい」があるだけで幸せです。

これは「好き」という感覚と同じです。

私は相性占いなどでは「相性が良いかどうかよりも、相手を好きかどうかが最も大事」とお伝えしています(参考:「占いで相性が悪くても問題無い」)。

運命は自分の気持ちの影響を強く受けるのが今の時代だからです。

他人がどのように思うか、周りがどのように感じるか以上に、自分はどうしたいのか、何を感じているのかで運命が変わります

だからこそ、「やりたい」ことがあるなら、如何にしてそれをスタートさせるかが幸せになる近道ですし、不幸を遠ざけるコツになります。

ところが、似た言葉で「やりたいようにやる」というのがあります。

これは違う意味になってきて、やりたいようにやっても幸せを感じるのは難しく、一歩間違えるとストレスばかりな生活になることもあります。

何が違うかというと、やりたいことをやる場合は、自分の中で「何をやりたいか」がある程度でも分かっています。

一方でやりたいようにやる場合は、自分の中で「何のためにやる」ということが明確で無い場合があります。

言ってみれば自分勝手で自分の感情を優先するパターンです。

目的が明確でないため、思ったのと違う感じになったとき、一気にストレスが出てきます。

でも、「やりたい」ことを「やりたいようにやる」場合なら少し違います

やりたいことが明確で、それを果たすために自分の出来る事を何とかやろうとする場合、同じようにストレスは掛かりますが、「やりたいことをやっている」という満足感の方が強くなります。

何をやったとしても、山もあれば谷もあります。

全てが順調に進むことなどありません。

それなのに「何故か楽しい」というのが、やりたいことをやっているパターンです。

この線引きを占い師はどこでやっているかというと、その人の生き方と現実がどの程度一致しているかで見極めています。

やりたいこと・やっていることがその人の生き方に近い・一致している場合は、その人の満足感も高いことが分かっています

一方でやりたいことをやっていると言いつつも満たされていない人を占うと、生き方からズレた行動を取っていることが多いです。

このズレはほんのちょっとのズレから、大きなズレまで様々ですが、我慢しながらなんとか過ごしている感じです。

じゃあ、どうすれば良いのかですが、これがまた難しいのです。

やりたいことをやりながら幸せになっていく人は素直です。

「こうしたら良いですよ」とお伝えすると、「は~い、分かりました~」とさっさとその方向に舵を切ります。

その中で必要な微調整をしていかれます。

占いの通りに選択した方が良いというお話ではありません

ご自身も納得されているのです。

「あぁ、やっぱりそうなんですね。前からそうじゃないかと感じていました」とお話になることが多いです。

自分でもあれこれ感じているけれど、それに自信が持てなかった、あるいはそれで良いのか迷っていたという感じです。

こういう人は必要な方向をお示しするとさっさとそちらに向かわれます。

一方で、「その話は分かるけれど、私はこうした方が良いと思うので」という感じで、自分のやりたいようにやろうとする人はうまくいきにくいです。

理屈は分かっているのに、自分の中で必要な選択がとれない人です。

こういう人は何をお伝えしてもあまり良い感じに物事が進みません。

繰り返しますが、私は占い師の言うとおりにしなければならないとお話しているわけではなく、どうしたら良いか分からないから相談しているのであれば、出てきた選択肢はシグナルですよ?というお話です。

結果的に後々後悔されて「どうしたら良いでしょうか」と相談になることがあります。

でも、本質的に自分の想い通りにやろうとする傾向が強いため、なかなかその人の思ったように物事が進まないです

自分でそのように道を選択しているから尚更やっかいなのです。

しかも、微妙に「やりたい」という事から遠ざかっていることも特徴にあります。

対処法は自分で自分のやっていることに気がつくしかありません。

「気づき」というのは難しい感性なので、気づけるようになるまで待つか、言われたとおりにやってみるかです。

簡単な人にとっては簡単ですが、感性の話なので実感が伴うまでとても時間が掛かることがあります。

でも、その差はほんのわずかな違いでもあります。

自分にとって幸せを自分でどうしたら良いか一生懸命考えると、どうしたら良いかも答えも出てきます。

一緒に読んでみてください:「幸せを逃す人の特徴、これを知っておけばあなたは生き残れる」