上手くいかないときに運命を変える方法

上手くいかないときは過去のタイミングがズレている

上手くいかないときに占いを受ける人がいます。

何とかしたくて占いを受けるわけですが、こういうときの占いは結果も悪い事が多いです。

上手くいかないときの占いの中身を見ると、本来あるタイミングにやることをやっていないケースが多いです。

この場合のタイミングのズレは「動き・判断が遅い」という意味合いです。

この基準は占いの結果に出てくる動く時期・選択する時期をみています。

ただし、これだけでは不十分ですので、相談されている方の現実を鑑定の中に織り込んでいきます。

占いと現実のすり合わせをすると、タイミングのズレがはっきりと出てきます。

本当はこの時期にこういう風にした方が良かった事をやらなかった結果、今の状態になっているという感じです。

凶方位を選んでいるときに起きやすい

凶方位が怖いという方は多いのですが、凶方位の厄介なところは方位の影響ではないです。

その凶方位を選んでいる自分自身にゆがみが出ていることです。

上手くいかないときは上手くいかないように自分で選択をしていることが多いです。

それを目に見える形にしてくれているのが凶方位という「選択の結果」です。

この理屈の理解は難しいのですが、「凶方位を自分で選んでいる」とお伝えすれば良いでしょうか。

凶方位に呼ばれると言うよりも凶方位を選んでいる

凶方位の意味を簡単にいえば「上手くいかない」です。

上手くいかない=凶方位=占いの結果も悪い、という感じです。

現実と占いがリンクした瞬間です。

私が占いをする上で大事にしているのが「現実との一致」です。

現実とリンクしていない占いなら意味がありません。

どんなに良い占いの結果であろうと現実味がなくなりますし、どんなに悪い占いの結果であろうと信憑性がないです。

同じ凶方位であっても、相談される方によっては「大丈夫ですよ」という話になることもあれば、「注意した方が良い」という話になることもあるのは、占いと現実を結びつけるからです。

上手くいかない現実と占い的に悪い場合どうすれば良い?

どのような選択をしたとしても、今のような状況にしてきたのは自分自身というのがあります。

その結果として「今が良い」あるいは「微妙」あるいは「きついな~」という感じで実感が伴います。

もちろん、過渡期でどうなるか分からないという状態も多いです。

そのどれであっても、その時々の自分の選択が多かれ少なかれ影響しています。

自分の選択ということは、自分の意識が反映されていて、それが「上手くいかない」流れになっている意味合いです。

意識を変えるの大変

いえ、意識を別に変える必要は無いのだけど、現状が上手くいかなくて何とかしたいなら変える方が早いということです。

でも、相談される方は「このままで何とかならないだろうか」と思っていらっしゃることも多いです。

だから対処が難しいです。

「変えないと無理だよ」という占い師と、「このままで何とか」という相談者とは並行線です。

こういうときに別の占い師に相談しても、現状は変わりません。

「なんでこんな状態なんだろう」という状態が続きます。

対処法は2つあり時を待つか流れを変える

一つは時を待つという手を使います。

言い切りは怖いのですが、この世の中は自分の選択で動いています。

覚悟が決まるまでは待つしか無いです。

もし、今の意識や選択が自分にとって合っていないのであれば、このままでいけば数年程度でにっちもさっちもいかなくなります。

どうしようもなくなって違う選択をせざるおえなくなります。

ここまでくれば、重い腰もあがりますというか、上げるしか無くなります。

これが一つ。

占い師に騙されてみる

もう一つのやり方として、今の状態は、自分は納得出来ていない、占い師の言っていることは理解出来るけど望まない、そういう状態にあると思います。

それでも鑑定結果と現実に実感がある場合は、言われたままにやってみることです。

まともな占い師なら突拍子もない鑑定結果ではなく、今出来る事を少しずつ明確に教えてくれるはずです。

ズレの調整は「いきなりがっちゃん!」という感じで調整する場合と、徐々に修正して調整をする場合があります。

上手くいかない曖昧な状態は急変化が効果的

少しずつ積み重なって選択をしている結果が現状で、その現状が好ましくない、しかも自分としてはやりたくないという状況の場合はゆっくりやってもうまくいきにくいからです。

それなら最初に必要な対処をがっちり当てはめてしまって、大きく流れを変えてしまいます。

上手くいかないときは、これまで通りでやるよりも違う手を取り入れる方が上手くいく可能性が高まります。

特にタイミングのズレがある場合は、本来必要だった選択を前倒しでしていく事で帳尻を合わせていきます。

その分大変なのですが、やるだけの価値はあります。

問題は、気乗りがしない、あるいは納得が出来ていない状態でやろうとするのは難しいということです。

そういう場合は行き着くところまで行くのを待ちます。

これも選択です。