不幸な人ほど幸福になる素質がある?

幸福を感じることが出来る人は放っておいても幸福になりますが、実は不幸を感じることが出来る人も幸福になる素質があります。

ただし、あくまで「素質」。
幸せを感じる人、不幸を感じる人は裏表なので、感性が似てます。

その感覚を幸せを感じる方に使っているか、不幸を感じる方に使っているかだけの違い。
幸せな人って、別に何にも無くても勝手に幸せを感じてます(笑)

不幸せな人は、その逆。
そばから見ている私は、それがものすごくよく分かるわけです。

幸せな人は良いとして、不幸せな人はどうしたら良いか?

一人でどうにか出来るなら、すでに幸せ人間になってます。
それが難しいから、不安になって迷って私の所に相談をされてます。

幸せも不幸せも感じ方で変わります。
鑑定の中でも「どこが良いか」を中心に鑑定をしていく事が多いです。

ポイントはここからです。
流れが変わる節目に来ている人は、「あ、そうなのか~」「やっぱりここが問題だったか~」という感じで、気づきのポイントが変わり始めます。

その人が置かれている環境や状況にによって幸せな方に意識を向けるか、不幸せな方に意識を向けるかに分かれます。

幸せな方に意識が向いていると不幸せなことに気づきにくくなります

不幸せな方に意識が向くと幸せなことに気づきにくくなります。
しかし、幸せであっても不幸せはあるし、不幸せであっても幸せが必ずあります。

理屈はこの通りなのですが、理解出来ないから不幸になっています。
裏表なので、気づきのポイントを変えていくと、不幸せが少しずつ幸せに切り替わっていきます。

占いで大事にするのは、どこに幸せがあって、どのように感じたら良いかです。
もちろん、1回や2回の鑑定で何とかなる話じゃ無いです。

思考癖なので、不幸せな人は不幸せなことばかり気がつくんです

それと同じだけ幸せなことに気づくようにすれば良いのに、そっちには意識が向かない。
それだけならばまだしも「なんで自分ばっかりこんなに不幸になって」ってなるケースも多いです。

いわゆる負のスパイラルです。
幸せを感じる素質はあるんです。

その素質を開花させたいなら、意識の方向性を変える、これまでの考え癖を変えることが必要になります。

人によっては何年も掛かりますし、結局、無理なのかもしれません

でも、素質は可能性で有り、可能性は運命に繋がっています。
人生を変えたくなった時、何かをしなければ変わらないということはなくて、自分の内側から変えていく方が早いこともあるというお話です。

不幸せですか?
それなら幸せになる素質は十分です。