不幸を続かせないために不運のタイミングを外すコツ

凶方位を選択する、運勢や運気が下がる時に無茶をする、占い上だけの話なら何の問題もありません。

しかし、現実に何か気配があるときは、細心の注意を払いたいです。

私は「全ては現実ありき」といつもお話をしています。

現実さえその人にとって問題がないなら、占いの暗示など完全無視でOKです。

しかし、全ては何かに繋がっている可能性があります。

「今ここで方位が気になる」「今ここで運勢が気になる」「今ここで嫌なことが続いている」

起きた事に意味があるのでは?が占いの世界

立て続けに嫌なことが起きてどん底に落ちてしまうことがあります。

しかし、立て続けに嫌なことが起きるのでは無く、段階的に嫌なことが起きるなら上手く回避できるかもしれません。

運が良い人、勘の鋭い人は、この不運の連鎖をうまく外します。

そして、占い師はこの不運の連鎖を意識的に外します。

「運気が良かろうが運勢が良かろうが、嫌なことやトラブルは起きる」でも、トラブルや嫌なことはどんな場合でも起きるとお伝えしました。

占い師はトラブルを連鎖させない事を考える

占いで問題が明らかになったときというのは、まだ現実になっていない場合もあれば、すでに現実になっていることもあります。

それらを一つずつ整理して、これから進もうとしている道、これから選択をしようとしていることが果たして良いのかどうかを見極めます。

不運も幸運も連鎖しやすいです。

こういう世界にいると気がつくのですが、不運が立て続けになるのも、幸運が立て続けになるのも、その土壌があるということです。

不運が立て続けになるときは、見えない部分でそういう選択を積み上げていることが多いです。

幸運もまた同じです。

しかし、その流れを読み取り、どこかで流れを切り替えてしまう、最初に予定をしていたことを変えてしまう事で、不運の連鎖が止まります。

目の前の流れを変えることで運命に影響を与える

すると、立て続けに起きていた問題が一息ついたりします。

起きる問題は避けられませんが、起きるタイミングがずれることで対処しやすくなることがあります。

予期せぬトラブルが起きやすい流れ、嫌なことが継続して起こりやすい流れというのはあります。

しかし、それが重複して起きないだけでも助かるんです。

不運が重なると、これらの問題がまとめて同じタイミングで起きてくれます。

不運が重なると手が付けられない

しかし、それでもどこかで重なったタイミングをずらしてやることで、新しい流れが生まれます。

それを意識的に出来るのは、たぶん占いの世界だけです。

もちろん、こういうことは理性的に一つずつの問題に対してしっかりと対処しつつ、事前に備えることが出来る人なら占いは不要です。

でも、そうじゃ無い人にとっては占いが役立ってくれます。

繰り返しますが、問題が起きていないなら占いは気にしなくて良いです。

問題が起きている時ほど占いが役立つことがある

対処が出来ていないから今がある、ということでもあるからです。

負の連鎖をどこで止めるかは結局、その人次第です。

しかし、見るべきものを見ないでスルーしてたら、さらに面倒な流れになって大変かなと思います。

運気や運勢を読み解く占いには、こういう風な活用方法もあるということです。

【関連するまとめリンク】
「不運・不幸を呼ぶシグナルの受け止め方まとめ」