不運の選択

不幸にならない不運を引き寄せない

気がついたら、空亡だった、天中殺だった、厄年だった

占いにはいくつかご相談の傾向があり、やった後に占いの状況に気がつくパターン、やる前に気がついているパターン、現実が悪くなって気になって気がつくパターンがあります。

この3つのパターンのうち、一番対処しやすいのが現実が悪くなってどうしたら良いか分からなくなっている状態です。

もちろん、何が原因なのか、それは占いで分かる範疇なのかにもよるのですが、占いで鑑定が出来る範囲の事であれば対処法も見えてきます。

やる前とやった後の場合、どちらを占う場合でも「占いは脇に置いて、現状がどうなっているのか」っていうことをまずは整理します。

大切なことは占いよりも現実です。

現実が問題無いなら、占いはどうでも良い

やる前とやった後の話で現実を整理しやすいのは、実は「もうやっちゃったよ」という状況でご相談になったときです。

こういうご相談の時に占い師の力量が問われます。

力量が無い占い師は「やり直すしか無い」という選択肢を出していきます。

たとえば、空亡や天中殺の時期に家を購入した、家を建てましたとなれば、それが原因で苦労すると鑑定するかもしれません。

対処の仕方は「家を売ってください」という答えで力量の無い占い師のお話です。

鑑定を受けた方はたまったものじゃ無いです。

漸く決断して家を買った、家を建てたっていうのに「それは不運だから、別のにして」って言われたら困ります。

時期が悪いときの大きな選択は良い感じになりにくい

大事な事は鑑定している基準によって、起きる現象を解釈するタイミングが違うということです。

分かりにくくて済みません。

もう少し分かりやすくお話するとすれば、やってしまった後、今現在が大丈夫ならそこまで心配しなくて良いっていうこともあれば、1年後、2年後ぐらいに注意した方が良いっていうのもあるよってことです。

一番大切なことは「現実がどうなのか」であって、占いがどうなのかじゃないです。

これを逆に考える人がいて、勝手に自分で不幸になっているから厄介です。

自分が不安だと思う時に「どのタイミングを重視すると良いのか」を占い師に教えて貰うと効果的です。

タイミングの影響は既に受けている

占いの結果に出ているタイミング(凶方位など)の影響は既に受けているけれど、実感がないケースはよくあります。

実感がないなら心配する必要は無いです。

ただ、何もしないとなると不安が残るので、「やり直す」以外でどういうことに気をつけたら良いか、何かあったときに出来る対策を教えて貰います。

そういうのを教えてくれない占い師は役立たずなので、勉強代だと思って他の占い師に相談した方が良いです。

大丈夫と言われても不安が残る事はあり、そのために助言を受けておくということも意味があるためです。

ダメな選択をしてしまったからと言って、それが不幸に直結するわけではないということです。

【関連するまとめリンク】
「不運・不幸を呼ぶシグナルの受け止め方まとめ」
「天中殺や大殺界、厄年・空亡など運勢が悪くなる時のまとめ」