不運や不幸はタイミングを外してやることで避けやすくなる

不運や不幸を避けたい、不安を何とかしたい、そういう人が占いにはまるけど、占いの役割は「正しくやる」ことじゃないです。

不運や不幸を避けたい、不安を何とかしたいために「占いを正確に正しくやることが大切」と思っている人が多いですが、それは違うよっていうのが今回のテーマです。

特に不運というのは、タイミングを外すと流れが変わります。
不幸や不安というのは自分が抱えているものなので、タイミング云々ではなく、自分自身への理解が大切になります。

つまり、この二つは基本的に別物って事です。
不運=嫌なこと=自分にとって合わないこと、だと思ってください。

これをちゃんと決めておかないと、嫌なこと=不運、となりやすいです

でも、自分にとって嫌なことが、自分にとって必要の無いこととは限らないです。
この辺を適当に理解していると、なんでもかんでも不安になって、挙げ句の果てに「占いをちゃんとやれば大丈夫」みたいな思考になりやすいです。

占いをちゃんとやることが大切なのでは無く、不運を避けることが大切ですよね?
求めることをちゃんぽんにすると、いろいろと間違えるので気をつけたいです。

そして、この不運っていうのは、積もり積もった自分のズレが現実化すると起きます。
凶方位に引っ越しちゃうのだってそうですし、運勢が弱いときに思い切ったことをするのもそうです。

さらに、我慢をしながら無茶や無理を繰り返すのも同様です。

一つ一つでは不運を起こすだけの力はないです

せいぜい嫌なことが現実化するぐらいです。
ところが、これらが積み重なったとき、とんでもない面倒なことに巻き込まれたりします。

きっかけ自体はそれぞれ小さかったはずなのに、それが不運が起きる一点へと引き寄せていく感じです。
怖いと言えば怖いです。

でも、怖くないです。

それは、自分の状態に気がついた時に、流れを変えてやれば良いからです

たとえば、凶方位への引っ越しや旅行があったとします。
なぜか行く前に気がついた時は、意識的に予定をずらすというやり方でも良いです。

予定を変更できない場合は、その引っ越しや旅行の目的を整理すると良いです。
自分に合った目的なのか、それとも違うのか。

こうやって自分の関わっていることに対して理解することに力を尽くし、修正出来るところは修正します。

すると、本来あった不運にたどり着く道が修正されます

嫌なことはあるかもしれないけれど、事前に意識しておくことで対処しやすくなり、不運が起きるタイミングをずらすことが出来ます。
不運はタイミングがズレると起きないです。

起きたとしても、自分に対して影響を与えない状況で起きます。
大切なことは、流れを変える事を意識することです。

占いで現状を知ることが出来るということは、タイミングを調整出来る可能性があるということです。
予定された流れを変えるだけで、最初に決まっていたタイミングがズレていきます。

それだけで不運は起きにくくなって、今をしのぐことが出来ます。
不安で体が硬くなってどうして良いか分からない時には、出来る事が結構あるのでまずは何をやれば良いか知るところから始めると良いです。