不運を避けるコツ

不運・災難を避けるためにも、占いのベストよりも運気アップに効果的な選択があります。

占いは理屈が大事な時と邪魔になるときがあります。

邪魔になるときの典型が「吉方位じゃないと良くない」という思考。

方位の事が気になり始めた人に多いです。

これは方位鑑定だけでなく、全ての占いに共通しています。

天中殺や大殺界も同じですし、厄年なんかも同様です。

占いが変に気になり始めたら不安が強くなるわけです。

占いは意識的にコントロールが出来ないと厄介

お客様の中にも「大切なのはそこじゃ無いのに、辛いだろうな~」と感じる事があります。

鑑定内容の伝え方はお客様の状態によって内容を変えています。

不安が強い人の場合は安心出来る要素をたくさん出します。

適当な人の場合は問題点の方をたくさん出します。

行き着く先はどちらも同じで「こういう風にしていけば良いんだな♪がんばろ!」と思える事です。

占いは「どうしたら良いか」ということは教えてくれますが、どうするかはその人の自由です。

楽になる選択と苦労する選択のどちらを選ぶ?

楽でも苦労でも、どっちを選んでも良いけれど、占いを基準に判断をし始めるときつくなります。

「占いを基準」というのは、現実を占いに合わせるということです。

運の良い人や楽しく日々を過ごしている人というのは、選択に余裕があります。

「こうでなければならない」という凝り固まった判断ではなく、「ここまでは占いに合わせて、ここは自分の都合に合わせる」という感じです。

たとえば、お盆に入っていったとします。

お盆時期や年末年始などは帰省や旅行を考えていらっしゃる人も多いと思います。

帰省や旅行の方位が気になる

このときに「凶方位だから無理」という人が占いを全ての基準にしている人です。

バランスが取れている人は、占いも大事だけど帰省だって大事、何か良い方法は無いかな、落としどころは無いかなって考えます。

これが「あそび」の部分になります。

極端な人の場合「凶方位に行くしかないから占いを気にしない」っていう人もいます。

占い師的には、凶方位に行くしかないから状況を把握して、その上で行く準備をしていきます。

そうじゃないと、後々、不安がついて回ります。

占いの良くない部分について対処の目安が分かれば人生は楽になる

帰省も旅行も楽しい部分が多いと思います。

不運や災難は心が堅くなった時に起きやすいです。

精神的に余裕がないと普段なら上手に避けることが出来るのに、真正面で受けてしまってトラブルを起こしてしまったりです。

極論、不運や災難があったとしても、どこ吹く風よってスルー出来るなら怖いモノはありません。

方位が悪い、運勢が悪い、そういうことがあっても、行ったその先で楽しむことが出来れば、不運や災難はかなり小さくなります。

逆に不安やストレスが不運や災難を大きくするので厄介です。

占いは机上の論理だからこそ現実が大事

特に方位鑑定は机上の計算から成り立っています。

だからこそ完璧にやってもそれは机上の空論で、現実とのすり合わせが必要ですし、特に「現実の目的」が大事になります。

私は鑑定の中で「吉方位ならどこに行っても良いわけじゃ無いです」っていつも言います。

吉方位に行くのではなくて、「行きたいところが吉方位の時に行く」というのが大切ですっていいます。

自分を楽しい状態に持って行けば、幸運はいつも以上に大きくなってくれます。

一方で吉方位であっても、楽しくないならその影響は低い上に有害です。

吉方位に期待をしすぎて無理をする問題

私がお話を聞くときは、その背景に「それじゃあ、そう感じてもしょうがないよね」っていうことがあります。

せっかく良い状態にしていきたいって思ってあれこれやろうとしているのに、占いに縛られてしまって現状が良く見えていない状態です。

運を良くして良い流れに乗るっていうのは、目の前のきっかけに気づきつかんでいくっていう作業です。

でも、現状が良く見えなくなると、きっかけにも気がつかないし、当然つかんで行く事も難しいです。

凶運を避けたくていろいろとやっているのであれば要検討

こういう時こそ占いを優先するよりも「必要」とか「楽しさ」とかを優先します。

運を良くすることを目的にするのではなく、求めている目的に対して運の良いタイミングで行動していくことです。

やっていることは似たように見えるかも知れません。

でも、実際にはかなり違った結果に繋がっていきます。

嫌な流れを寄せ付けないために、自分が楽しい状態=良い状態を選択していく。

目安がはっきりしていれば、占いも今まで以上に上手に活用出来るようになります。