人が良いと損ばかり

不幸にならない不運を引き寄せない

人が良いことで苦しんでしまう人がいます。

本来の人の良さとは幸運の蓄積を意味しています。

では人の良さでなぜ苦しいのか?

それは自分を苦しめてまで人の良さを出していることと、誰に対しても良くしてしまうという八方美人の要素が影響をしています。

今の時代は心の扱いが難しくて、何かをやれば対価を求める傾向があります。

でも、人の良さで苦しむ人もいれば、人の良さで苦しまない人もいます。

その違いが「対価を求めるかどうか」です。

対価を求めたらダメだと言うことでは無く、人が良い人はお節介で持ち出しが多いです。

持ち出しが多いことが気にならない、持ち出しをコントロール出来ている人は苦しみにくい

持ち出していることが気にならない人は良いのですが、気になる人は「これだけやっているのに・・・」という気持ちが出てきます。

そして、心の中にどんどん黒いものがたまっていきます。

ただ、これはいつでもこういう傾向があるのではなく、身内の場合は少ないです。

身内だからこそです。

しかし、身内であってもなくても自分に大きな負担が掛かるほどになってくると別の話になります。

いつの間にか「もう辛い」となる可能性

もう辛いとならないために大事なポイントは2つあります。

一つは「誰に対しても良い人であろうとするのではなく、よくする相手を選ぶ事」です。

人の良さで苦しむ人の場合、「これぐらいやってあげないと」という感じで自分で自分に負担を掛けます。

人の良さで苦しまない人は「やってあげたいからやってあげる、やってあげたくない人にはやらない」という基準があります。

似た感じですが違います。

片方は自分の感情を無視してしまう一面がありますが、もう片方は自分の感情に忠実です。

手伝いたい人を手伝うのか、やった方が良いからやろうとするのかの違いです。

自分が何を感じているかを理解する

ほとんどの場合、自分の感覚の線引きが出来ると楽になります。

大人になればなるほど、年齢が積み重なれば積み重なるほど、こういう目安や基準は大事になります。

占いではこういうところをはっきりさせます。

人が良いのは良いけれど、どういう時・どういう人に対して人を良くしたら良いかの目安を出します。

でも、これだけではまだ足りません。

もう一つのポイントがあります。

いくら自分が手伝いたい人だからと言っても、やっぱり負担になる面もあります。

人の繋がりが重要になる時代

もともと人の繋がりは重要だったのですが、人との関係性が面倒くさくなり、お金を代わりに使うようになりました。

いま、先行きが不透明で将来に不安を感じる、老後はいくらお金が必要かということが話題になるのも「お金」を基準に考えるためです。

お金を基準に考えるということは、自分の力で何とかするということです。

でも、いつ何があるか分からないとなれば、不安にならない方がおかしいです。

人が良い人は「人の繋がりを自然に大事に出来る人」

自分の事よりも人に力を貸そうとするのですから当然です。

こういう人は人に尽くすことで信頼を積み上げています。

中には対価をくれる人もいると思いますが、お金に限らず繋がりや紹介などで応えてくれることもあります。

つまり、お金に縛られない繋がりを育てているのが人の良い人です。

こういう人が「自分ばっかり損をしている」と思ってしまうと逆効果です。

意識の持ち方としては、自分に投資していると思って良いです。

幸運貯金

上でもお話をしているように、やりたくも無い事をやった方が良いと言っているわけではありません。

そういうことをするとますます土ツボにはまって、幸運貯金どころではないからです。

そうではなく、自分の身内にしてあげているのと同じように出来る人に対してしてあげるということです。

一時的には持ち出しが多くなるように見えても、身内ならまあしょうがないかとスルー出来ます。

そうやって尽くしたい人に尽くしていくことで、信頼を積み上げていくことが出来ます。

いろんなきっかけや用事が持ち込まれることが幸運貯金のシグナル

目の前の繋がりを面倒くさいととるか、未来への投資ととるかで今という自分の行動の受け止め方も変わってきます。

人が良いという人には今もそうですが、未来を安心して暮らせる素質が十分あります。

本当に損ばかりをしているのかどうか、セルフチェックをしてみると良いです。