人生が上手くいかなくて辛いときの対処法

今の自分が嫌で変わりたい人がいます。

占ってみると「今のままの方が良い」と出ます。

こういうときはとても辛いです。

自分が望んでいることと自分の生き方がズレているからです。

希望と生き方が違う時は人生がうまくいっていないように感じます。

なれないモノになりたいと言っているのと同じだからです。

ただし可能性を否定するモノでは無いです。

占いが正解?実感が正解?正しい答えのある場所

可能性を否定する必要はありませんが、その道は結果が伴わない断崖絶壁の可能性が見え隠れしています。

私自身、こういうときに少し迷うことがあります。

その人が望んでいる道を如何にして形にしていくかを占うか、それとも、その人に合った道をオススメしていくかです。

私にはその人が望んでいる道の先に幸せが無いように見えています。

実際、今現在も苦しんでいます。
参考:「 物事の流れが順調に進まない?うまく進める、流れが来るための方法とは」

でも、その人はその道の先に幸せがあるように感じています。

目先の事だけを考えれば、その人に合っていない選択であっても、その人の背中を押すことが良いように見えます。

幸せがどこにあるかで何を選択したら良いかが分かる

占い師はその人の一生を基準にして、今を占うのが仕事です。

長い目で見たとき、いま、どういう選択をしたら良いのかが見えています。

その選択の中に、その人が望んでいる選択は無いです。

さあどうするか。

この時、私の場合は2つの選択を提示します。

たとえその人の生き方とズレていても、その人の背中を押すことがその人の人生に合っていると考え、その方向で何が出来るかを占っていく。

もう一つは、生き方のズレを理解してもらいながら、微調整をしていく占いをする。

この二つの違いは明確です。

幸せなら今まで通り、辛いなら変化の時

一つは、その人の幸せが望んでいる事の中にこそ存在することを意味します。

幸せを実感しているのであれば、生き方がズレていたってへっちゃらです。

ズレているということで発生する困難やストレスを跳ね返していくだけの力もあります。

こういう状態の時は占いで出てくる生き方のズレよりも、その人がそのズレを選択していく中で、より良い状態を作り出していけるように占いを進めます。

もう一つは今が辛い時です。

どちらのケースでも辛さがありますが、心が前向きになっているときと後ろ向きになっているときでは、辛さの質が違い、選択肢も違います。

幸せかどうかで正しい生き方が分かる

前向きになっているときは多少のずれなどお構いなく突き進めます。

後ろ向きになっているときは、このズレこそが辛さを倍増させます。

こういうときは原点に戻ってもらい、その人の本来ある生き方と選択から見える未来をイメージして頂きます。

自分が望んでいること「そのもの」に、ギャップが生まれる原因があります。

望んでいる方向性がズレているのですからきついです。

望んでいる事はそのままで良いから、占い上見えている本来の姿を伝えていきます。

納得がいかないのは百も承知です。

しかし、今が辛いときは自分と向き合うことが必要なタイミングです。

変わるのではなく成長することで運が向く

人は意外と変われないものです。

変わろうとするのではなく、成長していく方が簡単です。

成長は目の前の事を一つずつ積み上げていくことです。

気がつけばいつの間にか変わってます。

自分を変えようとすると変わらないけど、成長しようとすると変わります。

これに気がつくためには、自分と向き合い「そこから始めるしか無いのか~」とある種のあきらめが必要です。

いつか腑に落ちたときには、もう変わっているときです。

今の自分が辛いときは、何かを変えるタイミングに来ていることが多いです。

一緒に読んでみてください:「運気が切り替わる時・運命の変わり目・運勢の節目に起こること」

【ここで取り上げたリンク】
「 物事の流れが順調に進まない?うまく進める、流れが来るための方法とは」