凶方位や凶運の先には幸運がある

苦しい時、苦しくなったときこそ幸運をつかむために動き出すときです。

凶方位や運勢が下がる時期というのは誰もが嫌がります。
占い師の内田さんも嫌なのは嫌ですが、少し違う見方を持っています。

どのような理由であれ、凶方位を結果としてとる、凶運時期を選択する時というのは、上り坂か切り立つ崖か分かりませんが、そういう状況にさしかかっていることを教えてくれています。
占いは今の自分の状況を外側から教えてくれています。

人は目の前の状況を見ることは出来ますが、自分も含めて空から見下ろした全体像を見るのはなかなか難しいです。
だけど占いはそれを可能にしてくれる一つの手法です。

だからこそ、どうしたら良い?という相談も成り立ちますし、どうなるのだろうか?という相談も成り立つわけです。

凶方位をとったり、凶運をつかむような状態というのは、2つのパターンに分けられることがあります

一つは「今の状態はあなたには合わないよ」という警告、もう一つは「今の状態はまだまだ力不足で苦労するよ」という警告です。
どちらも警告(笑)。

合わない、苦労するから嫌なことが起きる、問題が起きる、体調が崩れる、病気になる、人間関係がおかしくなる。
ただ、これは凶方位や凶運、あるいは運勢が下がったからそうなったと言うだけじゃなく、すでにそこに至るまでに積み上がっていることも多いです。

それがこのタイミングで具現化した、気がつくほどの状態になったという感じです。
これがみんな嫌だから、凶方位に行きたくない、運勢が下がるのが怖い、凶運は避けたいとなります。

でもね避けようと思っても避けられない事もありますし、避けたくないときだってあります

だからこそ重要になるのが「今やろうとしていること、現状というのは自分にとって価値があるのか、しかたがないことなのか」を把握することです。
価値があることなら、凶運の先に幸運が待っています。

どんな幸運かは分からないけれど、その人にとって目の前の状況に価値があるならそれにふさわしい流れになっていきます。
でも、苦労するけど。

一方で、仕方が無いことというのが厄介です。
仕方が無いなかで凶運をつかんでいくようになると、ますますどん詰まりになっていきます。

これは「あなたに合っていない状態」だからです

結果的に合っている合っていないというのは、こちらも2つに分けられます。

やっていて楽しい事(楽しくなっていくこと)は合っています。
やっていて楽しくないけれど出来てしまうことは合っていません。

昔はやっていても楽しくないけれど出来るようになった、出来てしまうことでも理由を付けて継続していました。
今は時代が変わってきていて、そういう選択を取れば取るほど苦しくなりやすくなってきています。

こういう状態にあるときは、今の状態というのは自分にとってどうなのかっていうチェックが必要になります。

その上で修正していくと、流れが変わり始めます

凶方位や運勢が下がる状態は誰にでも訪れるのもので、次のステージに上がるための準備期間の一つでもあります。
準備期間だからこそ、それまでに積み上げてきた問題点や見なかったことにしてきた点を片付けていきます。

そうすれば負担になっていたものが解消されていきます。
このタイミングに合わせて、吉方位を取っていったり、運気の良い場所を活用することで上昇気流に乗っていきます。

凶方位や凶運は嫌われて避けようとされるものですが、「なぜ、いま選択したのか、なぜ今、その時期に入ったのか」というところに意識を向け整理して行くことで、逆に安心出来る可能性があります。
だって、そこに向かって行ったその向こう側に望んでいる世界があるのであれば、いま、それを選択することが最も最短のルートかもしれないからです。

でも、まあ、大変ですけど(笑)。
凶方位とか運勢が下がるからといって、安易に判断や決断をしないことです。

もしかしたら、そこに何かのチャンスがあるかも知れないからです。