大殺界・天中殺は悪い事しか起きない?

大殺界・空亡・天中殺・陥入・厄年は悪い事しか起きない?

悪い時期は悪い事しか起きないわけありません。

占い師にも多いのですが「今は悪い時期だから」と言ってしまうケースがあります。

悪い時期だからやらない?という選択があることは確かですが、「やらない=準備もしない」ということじゃないです。

私のご相談で多いのは「この時期に引っ越しても良いのでしょうか?」とか「家を買っても良いのでしょうか?」とかです。

目の前の事を占いだけで判断するとおかしくなる

占いが判断の中心になると、生まれてから死ぬまで占いが基準になってしまいます。

それで幸せなら良いですが、幸せそうじゃ無い人ほど占いがどうのこうのと言いはじめます。

そんなことを言ったら何を基準にしたら良いか分からない!もう信じられない!って話が出てきますが、基準は自分自身です。

どんな時も最終的に自分の人生の舵を取っているのは自分だからです。

ここから始めることが出来るようになって漸く占いの意味も分かってきます。

占いが悪くても家を買っても良いし引っ越しても良い

大切な事は「どういう時期に自分がいるのか」ということを知っておくことです。

知っておけば、起きる現象も想像出来るようになります。

悪ければ「あ~、やっぱり」ってなるし、良ければ「なんだ大丈夫だな」ってなるし。

「悪いのを避けたいから占って貰ってるの!」ってなると思います。

でも、避けられない流れだってあります。

その人が通る必要のある困難さっていうのは誰にでも用意されているようです。

その困難さを良いときに乗り越えて行くか、悪いときに苦労して逃げ続けるか、その辺は人それぞれです。

占いの一番があなたにとって一番良いわけでは無い

占いの一番よりも相談されている方の一番が大事だと私は思ってますし、自分が相談者ならそういう占いを求めます。

そのため私は凶方位でもこれなら行って大丈夫♪って見極める事が出来ます。

ダメな部分があるのも確かです。

全部ダメというわけではなく、どこかの部分は何とかなることもあります。

占い師はだめ出しするのが仕事じゃ無くて、落としどころを如何にして見つけていくかです。

今が大変な時期なら、如何にしてゆるやかに過ごしていくかが大事です。

一方で引っ越さないとダメ、家を買わないとダメというときもあります。

優先順位を決め必要なことを選んで行く

運勢が悪い時期にきつい状態なら、それでも無理をするのか一呼吸置くのか考えるために整理出来ますし、運勢が悪いって言ってる割に結構良い感じなら前向きに検討する余地もあります。

占い通りに生きることがベストでは無く、占いなんてあってもなくても良いから、毎日が楽しく幸せに過ごせることが一番です。

そのために占いが役立つなら良いけれど、自分を不安にさせるために占いを使うなら、それはやっぱり悪い事しか起きないです。

でも、実際は悪いことばっかりじゃないはずです。
そこのところに気がつくと占いの受け止め方も違ってきます。