嫌なことがあったときは何から始めたら良い?

辛いときほど、まず大切な事があります。

占い師としてやっていて、日々の生活の中で一番助かっているなっていうのが、辛いときに大切な事を見失わなくなったことです。

嫌なこととか辛いことがあったとき、しかも自分にはどうしようもないとき、運気を上げればどうにかなるんじゃないかって思うことがあります。

実際には、運気を上げるのは「やることをやった後」、あるいは「やることをやりながら」というのがポイントになります。

嫌なことが起きている状況ですから、運気ももしかしたら悪くなっているかも知れませんし、運勢も悪いかも知れません。

ただし、嫌なことが起きたからと言って、本当にそうなのか?という視点も必要です。

嫌なこと=悪い事、ではないことが相当多いからです。

特に、占いに相談される方の場合、「嫌なこと=自分の本質とズレている」ということの方が多いです。

ご本人も多少気がついているけれど「大丈夫だよ」って言って欲しい人もたまにいらっしゃいます。

でも、大抵は違わないので、「うぅぅ。゜(゜´Д`゜)゜。」って感じでお伝えすることになります(笑)

ご本人が否定していることを伝えるのは簡単ですが、理解をして頂くには時間が掛かります。

このためいろいろな状況をお聞きしながら、どこが問題になっていて、どこが大丈夫なのか、そのさじ加減を鑑定していくことが多いです。

これの良いところは、どんな時に感じた「嫌」という気持ちが自分にとって危険信号なのか、逃げなのかが分かってくるという点です。

占いは未来を占うイメージが強い

だからこそ「今」にポイントを当てることで、未来を変えていけるわけです。

今、自分が本当は大切にした方が良いことなのにそこから目をそらすなら、未来はやっぱり今の延長ってことになります。

これは運気を上げたって同じ事です。

運気を上げることで、自分にとって必要な事が舞い込みやすくなります。

結構な頻度で自分が嫌だと思っていることが多くなることがあります。

吉運の役割はその人に幸運を呼び寄せることですが、幸運を呼び寄せるためにはその人の準備が整っている必要があります。

その準備を整えるために、その人が一番幸せになれる状態にしようとします。

幸せを求めて「嫌なこと」になる

ところが、吉方位旅行などで運気を上げたのに、嫌なことばかり続くから「毒出しだ!好転反応だ!」って受けとめてしまう人がいます。

そうじゃないんです。

そのままじゃだめなんだよ、望んでいる道に乗っていないよっていうのを教えてくれている状態です。

だから、どこかで変えていく必要が出てきます。

調子が良い人や幸福感が高い人というのは、自分を調整する力を持っています。

要は素直と言うことなのですが、まずはやってみよう、まずは変えてみよう、ダメだったらその時考えれば良いじゃないっていう傾向が強いです。

嫌なことが起こるのはもちろんノーサンキューです。

でも、嫌なことが起きたとき、本当に嫌なことなのか、それとも自分が求めている事に対して必要なことなのか、その見極めはやった方が良いです。

一番最初に手を付けるのは自分自身、そして、その後に運気を上げていく、あるいは自分に手を付けながら運気を上げていく、やり方はいろいろありますが、「自分」を意識するところがポイントです。

【関連するまとめリンク】
「不運・不幸を呼ぶシグナルの受け止め方まとめ」
「物が壊れる意味はシグナル?転機?のまとめ・占いから分かる事」