辛い時はどうしたら良い?辛い時は運を味方にする

凶方位の影響を受けると何かと面倒が起こりやすいです

嫌なことも続きやすく、なかなかきついです。

だから凶方位は出来るだけ取らない方が良いという話になりますが、人によっては取った方が良い時もあります。
参考:「凶方位は絶対だめなの?どうにもならないの?」

ただし、時期が悪いという一つの目安は変わりません。

こういうとき、凶方位の影響=運気が味方になっていないわけです。

運気にもいろいろあって、家から受ける運気もあれば、人から受ける運気もあり、そして、行動から受ける運気=方位の影響もある感じです。

それぞれに影響力はありますが、これとは別に「時の流れ」があります。

基本的に重要になるのは「自分で自分の運気・運勢を作り上げる」事です。

自分で自分の調子を整えることが出来れば、それが一番お手軽で効果的だからです。

ただ、これだけだと自分を見失ったときに不安定になります。

このバランスを整えるために「時の流れ」を鑑定の中に取り入れバランスをとるようにしました。

時の流れは合わせて行く事が大事

時の流れは、どんな占いでも出てきます。

辛いときは、辛くなるような運気を自分で選択している事があります

時の流れを味方にする場合、自分の選択云々ではなく、自分の状況を俯瞰(ふかん:離れて見る)します。

例としては川の流れ・潮の流れです。

大きな力によって水が流れています。

場所によっては流れが全く無いこともあれば、見た目はそうでも無いのに急激な流れが生まれているところもあります。

時の流れを味方にするというのは、その流れを読んで、その流れに乗っていくということです。

時の流れを意識すると無理をしなくなる

これのメリットは流れを読めば「自分がどうすれば良いかが分かる」ということです。

これまでも自分がどうしたら良いかを重視する鑑定でしたが、それはあくまで「自分の内側から作り出していく流れ」です。

一方で時の流れを味方にするとは、自分の周りの流れに自分を合わせていくことです。

動きはシンプルで、自分の出来る事で身の回りの事から始めたり、止めたりします。

デメリットは何かというと、流れに逆らうと辛いということです。
参考:「不運のシグナル」

これは今後の検証にもよるのですが、凶方位を選ぶ時期と時の流れの悪さはおそらく一致しています。

時の流れが味方をしていないから、自分にとって辛い選択をしている可能性があるという仮説です。

時の流れが味方をしていても凶方位を選ぶことがあります。

それはまた違う意味がそこにあるので理解が出来ます。

時の流れに合わせることは身を任せることに似ている

時の流れを味方にするのは、がんばる・がんばらないこととは関係無いです。

その時にどうすれば良いかをハッキリさせ、適切な選択・行動をすることで時の流れを味方にするだけです。

具体的に時の流れを味方にするとは、たとえば今は仕事を頑張るとき、今は自分を見つめ直すとき、今は外に出た方が良い時という感じです。

上手くいっていないときは頑張る方向性がズレていて、自分にとって辛い選択をしている事が多いです。
参考:「行き詰まった時はどうしたら良い?」

「どうして良いか分からないから、今できることをする」というのは、一面として正しいですが、時の流れに合っていなければしんどいだけです。

どうして良いか分からない時は、自分にとって一番軸となることを最初に手を付けるというやり方もあります。

これはこれで一定の効果があるのですが、時の流れにのることで、さらに楽になっていけます。

味方につける運気を見つけ出すことが幸せに繋がる

自分にとって楽な感じになると、辛さも半減します。

やっている事が自分にとって必要な事だと分かると、さらに楽になります。

仮に凶方位を取ることによって行動の運気の味方を得られなくても、時の流れを味方にすることで違う運気を味方に出来ます。

時の流れの良いところは、大きく環境を変えなくても、何をやるかを変えていくことで対処出来るというお手軽さもあります。

台風の時には外に出ないで家で出来る事をするのに似ています。

そういう目安を与えてくれる占いもあるわけです。

これが分かると大分楽になっていきます。

【ここで取りあげたリンク】
「凶方位は絶対だめなの?どうにもならないの?」
「不運のシグナル」
「行き詰まった時はどうしたら良い?」