頑張ろうとしているのに押し寄せてくる不運

不運によって不幸になってしまう人もいれば、不運によって幸せをつかむ人もいます。

不運というのは、予期出来ない嫌なこと、不幸というのは、その人の主観です。
周りの人が勝手に「あの人不幸だよね」って思ったとしても、本人が不幸だと思っていなければ何の問題も無いことです。

一方で不運というのも、実は存在しません。
運の善し悪しについても、人によって受け止め方が全く違うためです。

不運のように見えて幸運であることはたくさんありますし、幸運のように見えたのに不運に変わってしまうことだってあります。
不幸と同じように不運に対する感じ方も「その人の主観」と言えます。

結局、幸運・不運、幸・不幸というのは受け止め方次第、受けとめる人の認識によって180度変わるということです。

もちろん、嫌なことは嫌なのは誰でも同じです

ところが、慎重に対処をしていくと、それが起きる前よりも起きた後の方が良かったということがあります。
問題が起きてくれた方があとあと楽だった、ということは意外に多いです。

でも、何かをやろうとしているときにあれこれと問題と感じる事が起きてしまうと、自分はなんて不運・不幸なんだろうかと思ってしまうこともあるかもしれません。
しかし、何かをやろうとしているときというのは、運命そのものが動き始めていることが多いです。

運命が動こうとしているのですから、それに釣られていろんなことが起きるのも当然といえば当然です。

動きがある人ほど、様々な事が起きます

この時にどういう風に受けとめるか、何を感じ、どうしていくかが大事です。
チェックして頂きたいのは、何かが起きたときに対処不能なのか対処が出来る事なのかです。

特に節目にある人でこれから頑張ろうと思っている人の場合、問題が起きても対処可能な事が多いです。
少なくとも今はまだ乗り切れる、そういう状況で問題が起きてくれるわけです。

大切な事は今の自分は対処出来るのか出来ないのか、ということです。
対処出来る状況なら運が良い状態が維持されています。

もちろん、問題は起きて欲しくありません

しかし、もし起きてしまう問題ならば「対処可能な時」に起きて欲しいですし、そういうときに問題が起きるなら、運がある状態です。
でも、問題=不運と感じやすい人は、このシグナルを逃してしまうことがあります。

シグナルを逃すと、どんどんネガティブになっていき、さらに余計な問題まで引き起こしかねないです。
対処可能な時に起きてくれた問題ならば、すぐに対処をし、後を引かないようにします。

そうすれば、早めに解決することもありますし、早めに問題が起きてくれたことで助かることだってあります。
人生の節目にはいろいろな事が起きやすいです。

でも、何か起きてもそれが不運かどうかは分析が必要です。
もしかしたら、それは幸運なのかもしれないです。

これが分かっていれば、悲しむよりもやった方が良い事はたくさんあります。
話はまずそこからです。