パソコンでzoomなら、ウェブカメラよりiPhoneをiVCamで繋ぐ方が良い?有料版のメリットと購入時のミスとキャンセル

zoomで便利・トラブル対処法

zoomを使う必要が出てきたときに、デスクトップパソコンなら外付けでウェブカメラとか必要です。

カメラが無くてもzoomは使えますが、自分の映像が出ない。

みんなが映像を出しているのに出さないことにストレスが出るので、遅かれ早かれ用意することになるかと思います。

ノートパソコンならカメラ内蔵も多いですが、画質がイマイチです。

レッツノート(パソコンメーカーでは有名)の内蔵カメラでもやっぱりイマイチ。

それでも「写る」という意味では使えるので気になるモノでもありませんが、一時期、外付けウェブカメラを用意するかどうするか悩んでいたことがありました。

安いのだとノートパソコンと同じことになるので、それなりのものを探そうとしてました。

iPhoneのカメラを無料アプリiVCamでパソコンに接続

そこに、たまたま古いiPhone(iPhone6s)が手元に回ってきて、これを接続出来たら便利かもって思って調べて出てきたのが「iVCam」というアプリです。(iVCamのメインサイトはこちら)

上のリンクに「Download for Windows」っていうのがあるので、そこからパソコン版をダウンロード出来ます。

スマホ版はアプリのダウンロードで「iVCam」と検索すればOKです。

iVcamは同じWi-Fiに接続すると画面を共有できる

iVCamの使用条件は「同じWi-Fiに接続する」に尽きます。

同じWi-Fiということは、自宅とかのネット回線にパソコンとスマホを接続した後に、両方のアプリを起動すれば自動的にお互いの存在を探してくれて繋ぐことが出来、使えるようになるわけです。

言い換えれば、出先でインターネットには繋げられるけど、Wi-Fiに繋いでいない場合は、iPhoneとパソコンを繋ぐ事は出来ない、ということでもあります。

使い方は簡単でパソコンとiPhoneのアプリを起動するだけで、勝手に読み込みます。

スマホ側の画面とパソコン側の画面に両方とも映ります。

十分綺麗です(笑)

スマホの手前側のカメラでもうつりますし、外側のカメラでもうつるので、自分の様子をスマホに表示しながら、パソコン画面でも表示されます。

iVCamの有料版を購入する時にやってしまった間違い

私は面倒臭いのが面倒臭いので、課金して機能を全部使えるならそっちが楽だと思う方です。

iVCamの課金については事前に調べたつもりですが、やらかしました。

iVCamは基本的に端末毎のライセンスになります。(永久ライセンスの場合です)

スマホならそのスマホだけ、パソコンならそのパソコンだけです。

Appleの同じIDを複数端末で使えばいけるかな?と思って購入したら、そのiPhoneしか使えませんでした(笑)
※後で分かったことですが月額課金制プランだと同じIDなら複数端末でも使えるみたいです。ライセンス買取の場合のみ1台の端末しか使えないようになっています。

慌てて、パソコンのライセンスを購入して、iPhoneの購入はキャンセルしました。
※Appleの購入キャンセル方法はiPhoneの「Appleストア」アプリ⇒右上の自分のマーク⇒「自分のアカウント」⇒「購入履歴」⇒「購入したものを選択」⇒後は購入に意義を申し立てるだったかな・・・。「購入するつもりが無かった」を理由にして申請しました。認められると、後日、クレカの決済がキャンセルされます。

iVCamは無料版でも十分だと思う(有料版使ってるけど)

iVCamは接続するパソコンかスマホどちらかがライセンスを購入していれば、有料バージョンとして使用できるようになっています。

有料バージョンの最大のメリットは・・・無料版の制限が我慢出来るかどうかかな。

無料版のメインの制限は「低画質」「ロゴ広告」「音声が女性の音声」になることです。

なので、必ずしも有料版でなくても良いです。

iVCamについて調べていたら、「買った方が良い」という話も多かったですが、ぶっちゃけ画面の端にiVCamっていうロゴが入ろうがなんだろうが気にならないし(商売で使う場合は多少気にした方が良いかもですが、人それぞれです)、音声も女性の声は気になるか・・・。

でも、特に話すわけじゃ無くて聞くだけの参加なら別に・・・。

違いはこんな感じです。

無料版有料版
カメラ機能試用期間後
640×480に固定
※パソコンで開くには画質が悪くなる
制限無し
※きれいな画質にも低画質にも出来る
マイク機能試用版音声(女性の声が相手に聞こえる)制限無し(自分の声)
透かし広告有り無し
料金無料24.95ドル
大体2713円ぐらい
購入時のクレカのレートによる

有料版は敢えてライセンス買取版の金額を載せています。

月額課金制のライセンスは1000円ちょっとからありますが、必要性を感じなかったです。

zoomとiVCamの連携は抜群に良い

私は先にiVCamを立ち上げてからzoomを起動していますが、その辺は自由だと思います。

ちゃんと自動で連動してくれますし、動作も問題ありません。

試用版の使用期限を迎えるまでは、パソコンの大きな画面で見ても大丈夫でしょう。

試用期限が来ても640×480なら小さなタブレットぐらいのサイズです。

気にならなければ問題無いかと。(こちらの顔や姿が相手に見えにくいというのはあるかも知れませんので、やりとりの内容によっては気をつけた方が良いです)

手元のスマホでiVCamをつかえば良いだけなので経済的。後は三脚があれば良い

余ったスマホを使わなくても、今手元にあるスマホで十分使えるので、ウェブカメラを買う必要性が無くなりました。

画質もスマホのカメラはiPhone6sでも十分に高性能でしたし、後々考えたら今使っているiPhoneでも良いわけで、何を悩んでいたのやらです(笑)

最後にzoomとかで使うなら目線の高さにスマホを設置した方が見栄えが良いです。

手持ちで何とかするわけには行かないので、私が買ったのはこれ↓

今私が使っているやつの新しいバージョンだと思います。

小型で机の上でも場所を取らないので、zoomなどでも使いやすいです。

タイトルとURLをコピーしました