今と将来に備えるなら「発達障害サバイバルガイド」を読む

役立つ本達

「発達障害サバイバルガイド」は今後、どうしたら良いか不安な人にぴったりです。

商売柄、出来るだけ何かに役立つ情報がないか気にしてます。

特に生き残る系の情報は大事にしていて、これから先の人生をなんとか穏便に出来ないかと思ってます。

今回は「発達障害サバイバルガイド」を読みました。

この本のキモは「人間関係」に終着しそうですが、張り詰めた神経を如何にして緩くするか、無理を減らすかの具体的な手法に触れています。

私としては「最低の生活を準備する」ところにポイントを置いてます。

貧すれば鈍するで、お金が無いからもっともっと節約して、その分を努力でカバーする、頑張って何とかすると思います。

いえ、私ならそうするだろうな~と。

日々、そんな感じで意識しているところ(自分ががんばる)とかありますし。

努力でカバー、頑張ろうとするとどうなるかといえば、忙しくなります。

忙しくなれば時間がなくなるので、今が大変な状況なら、大変さがひどくなることはあっても、楽にはなっていかないです。

結果的に更にしんどくなるという負のスパイラル。

それを何とかするために、便利に楽になるようにお金を掛けることがこの本のポイントです。

冷蔵庫があれば外に買い出しに行かない分、時間の節約になります。

スマホがあれば、パソコンがあれば、情報収集・買い物・連絡などが便利になり時間を節約出来ます。

今ある生活を「便利」にするにはどうしたら良いかを考え、そのために必要なモノをピックアップします。

生活が大変ならすぐに手に入れる事は出来ないですが、「これがあれば時間が生まれる」と分かれば、大変な生活の中で貯められます。

「モノ」で良いなら、ジモティを使う手もあります。

ジモティの話はまた今度しますが、ここなら無料で手に入れられるかも知れません。

スマホやパソコンがあれば、情報が集められ、結果的に必要な答えに早くたどり着けます。

便利なモノで作り出した「時間」を使って、収入を得るために働きます。

一発当てるために一攫千金の情報を買ったりするのではなく、普通にバイトをお勧めしたいです。

働いた分だけお金が入ってくると心が落ち着いてきます。

今の不安や大変さを少しでも楽にするために「今」にお金を投資することで、今も未来も少しずつ楽になっていきます。

こういう風な感じなら何とかなるかもと思えたら、次に行けます。

本屋で見かけたら手にとって読んでみてください。

タイトルとURLをコピーしました