アップルウォッチseries5と6を買ってみて、コロナ禍の今はseries6が酸素濃度計(パルスオキシメーター)がある方が良い?

ラクマでApplewatchのseries6を買ったけどアクティベーションロックが解除出来ずに返品となり、新たに楽天市場で新古品のシリーズ6を購入、使い始めました。(アップルウォッチのどれを買ったら良いかの基本的な考えは「アップルウォッチはどれを選んだら良い?GPS版?セルラー版?売ること前提で体験も有り」にまとめてます)

ラクマとか楽天市場で買うことにこだわったのは、楽天ポイントがあったからです。

本当はラクマよりもメルカリの方が出品数も多いですし、探せば3000円ぐらい安く手に入るチャンスがあります。

シリーズ5と6を短期間に使い始めたわけですが、正直なところ、性能的にこの二つがめちゃめちゃ違うわけじゃないです。

バッテリーの消費や充電、その他細かいところで改善があるので、「シリーズ5と6のどっちが良い?」と言われたら、シリーズ6の方が良いです。

でも、シリーズ5の方が安く手に入るなら、シリーズ5で十分です。

運動時の脈拍とか分かるし、Suicaとかも使えるし、常時点灯出来るし、長く使おうと思えばシリーズ3に比べれば長く使えるし(サポート期間が長い)、シリーズ5で十分です。

ただし、コロナのことが心配でっていう人にとって役立つ機能が付いているのが、シリーズ6の血中酸素ウェルネス(酸素飽和度)が使えることです。

血中の酸素濃度を計測するもので、コロナのように肺に影響を与えるような病気に対して、一つの目安になってくれます。

血中の酸素濃度が低くなると「酸素が体に取り込まれていない=肺が正常に機能していないかも知れない」ことを教えてくれています。

これによって体調管理が出来るメリットがあります。

現在、ネット通販でも酸素濃度計が多数出るようになりました。

楽天市場の酸素濃度計

アマゾンの酸素濃度計

一時期はコロナ関連で売り切ればかりでしたが、漸く落ち着いたみたいです。

こういうのを買っても良いのですが、アップルウォッチのどれを買おうかなって思っている感じでしたら、Series6で良いと思います。

Series5Series6は新品の価格差が大体5000円弱です。(5月31日現在)

酸素濃度計も大体それぐらいから価格が始まることを考えれば、一つにまとまっている方が便利です。

後はこの酸素濃度計を単体で使うのとApplewatchで使うので大きな違いは、安静時の酸素濃度を計ってくれることです。

「安静時」なので、日中に酸素飽和度を知りたい場合は手動でチェックする必要がありますが、寝ているときは勝手に計ってくれています。

もちろんApplewatchは医療器具ではありませんし、あくまで「目安」でしかありません。

ただ、見えないコロナに対して、自分の身体状態を視認出来るのは安心材料の一つになります。

パルスオキシメーターをわざわざ買ったほうが良いかどうか、パルスオキシメーターの代わりにApplewatchを買ったほうが良いかどうかの話では無いので、ご注意ください。

Series5とSeries6のどちらを買うのが良いか、もっといえば現行のSeries3とSeries6、SeriesSEを選ぶならどれが良いかという時に、ご時世を考えるとSeries6の方がどうせ買うなら安心出来る要素が多いというお話です。

タイトルとURLをコピーしました