中古のノートパソコンの選ぶときに失敗しないコツ

便利なパソコン・ネット関連

私はレッツノートが好きで、ノートパソコンはレッツノートにしています。

現在は2018年モデルのCF-RZ6(LTE)シリーズを使っています。

こんなのです↓


購入当時はヤフオクで15万ぐらいでしたので、上の中古価格は意味が無いですし、そこまでのお金を出すものでも無いです。

携帯性を優先したので、屋外でネットに繋ぐ事が出来るLTEバージョンをずっと使っています。

今が3世代目ぐらいかな。

壊れにくいのでいろいろと重宝するのがレッツノートですし、新たに買い直すときにヤフオクなどに出せば数万円ぐらいで売れます。

前はバイオとかを使っていたこともあるのですが、メインパソコンはデスクトップを使い、後はレッツノートを使ってます。

ずっと使っていると分かってくることがあります。

中古のノートパソコンは「劣化が早い」です。

使う事そのものはそれほどダメージはありませんが、パーツの劣化が激しくなります。

特に「ファン」がダメになりやすいです。

この場合の「ファン」は冷却ファンの事で、小型のノートパソコンでも小さいなファンが付いています。

パソコンを起動しているときに温度上昇を抑えるためにファンが回ります。

これが止まります。(止まる前には結構な音がし始めています)

修理代は機種にもよりますが1万~2万円の間です。

しかも当たり外れもあるので、中古のノートパソコンを購入する場合、ありきたりですが最低でも「年式の新しいモノ」が良いです。

高級機種の古くなったモノを安く買う手もありますが、冷却ファンなどは劣化していくものなので、もともと安いモノよりはマシとは言え、過ぎ去った年数分だけ劣化がはやくなり故障します。

私がノートを購入するときのもう一つの目安は「使用時間」です。

これはバッテリーも同じなのですが、使用時間が短いモノは劣化が少ないです。

使用時間はBIOS等に表示されている事が多く、「個人の出品」なら多少目安に出来ます(使用時間を変更するツールがあるらしいです)。

使用環境も影響します。

職場で使っていたパソコンは消耗が激しく、家庭内で使われていたパソコンの方が物持ちが良いです。

いろいろと面倒臭い部分をクリアした掘り出し物を見つけるのは難しいです。

このため私がとる手段は「新古品」または「1年以内の使用品」です。

ヤフオクやメルカリにたまに出てくる新品未使用があります。

型落ちだと大体数万円ぐらい値下げしてます。

元の価格が高いモノですと10万近く値下げしている場合もあります。

1年以内の使用品の場合も同じぐらいの値下げ幅なので、出来れば新古品が望ましいですが、数がほとんど出ないのが悩みです。

大事なのは最初から安いパソコンを視野に入れていないことです。

5万円以下の安い新品パソコンと、元値は15万だったけど5万円になった中古パソコンの、どちらが「使いやすいか」です。

パソコンはある一定水準までは使いやすさが違います。

15万円前後以上のパソコンは使用用途によって多少違いますが、使い勝手はほぼ網羅されています。

DVDを見ることが出来たり、Wi-Fi接続、有線接続も大丈夫だったり、外部接続の種類も多く接続しやすかったりです。

5万円でも上記のような機能はついています。

違いはグレードです。

15万以上の機種はストレスの無い作りになっています。

5万円前後のノートパソコンは見た目は15万円クラスと似ていますが、実際の機能面や使い勝手が違います。

一番の違いは処理速度ではないでしょうか。

なんとなくもっさりした動きになるのが5万円前後の新品パソコンです。

子供用の初めてのパソコンとか、大人でも普段あまり使ったことのない人なら良いですが、サブパソコンとして使おうとしていたり、外に出たときに使おうとするなら、完全な役不足になります。

最初から安いパソコンは、本当に値段相応なのです。(5万円で販売して、そこから利益を出そうとしているならコスト削減がどれほどのモノか想像が出来そうです)

以上のことから、どうしても新品じゃないとダメって言うなら出来れば15万前後か最低でも10万円ぐらいは出したいところです。

中古で良いなら5万円ぐらいで十分購入できます。

ヤフオクやメルカリが不安というときは、レンタリースで中古販売もしているクオリットが良いです(というか私が使ったところがここだったというお話)。

レンタル落ちなので、そんなにいい状態とは言えませんが、普通に使う分には十分に便利ですし、安いです。

タイトルとURLをコピーしました